記事一覧

MVNOの電波は弱い?



目次


MVNOに興味津々

ハローみなさん、エジソンです。最近MVNOに興味津々な、三大キャリアの庇護下にある僕エジソンが語ります。

MVNO(仮想移動体通信事業者)とはMobile Virtual Network Operatorの略称で、SIMフリー携帯を持ち込んで契約したりできる、格安の料金プランを併せ持つ、(Docomo、AU、Softbankではない)キャリアの事です。

MVNOの一覧は他のサイトに詳しく掲載されていましたので、リンクを貼り付けておきました。

MVNOナビ!


僕が、MVNOという話題で思い出す記憶に新しいCMは、DMM MobileのCMでしょうか。やまぴーが出ているアレです。

DMM Mobile CM

MVNOはメリットばかり?

格安で電話もインターネットもできて、三大キャリアより通信費がお得ならば、もはや変えない選択肢がありませんね。ただ、巷では安かろう悪かろうの評価もあるようです。

それが、「MVNOって安いんだけど、電波は弱いんでしょう?」問題です。

この問題に対して、丁寧に解説しているサイトがありましたので、ご紹介します。


ITMedia - MVNOの電波は「弱い」のか?

とてもわかりやすく解説されており、目から鱗です。是非、ご一読される事をお勧めします。

上記の内容を少しピックアップしてみますと、MVNOはSIMフリー携帯と組み合わせて使う事が多く、実は電波が弱く感じてしまうのは、このSIMフリー携帯に原因があります。三大キャリアが提供しているSIMフリーではない携帯電話は効率良く通信ができるようにチューニングされているのです。

一方、SIMフリー携帯は汎用的に作られているため(海外でも使えたりする)、利用するキャリアの通信網に合わせた効率的な通信ができないということなのです。これにより、SIMフリー携帯とMVNOを組み合わせて使う多くの人が、電波が弱いなーと、感じてしまっているのが現状なんだそうです。

詳しい内容を把握したい方は、ぜひ元記事をご覧いただければと思います。

MVNOに乗り換えたい

MVNOの負の場面も紹介しましたが、僕としては、あまり電話もしないし、LINEで知り合いとやりとりする事も多いため、圧倒的にMVNOに乗り換えた方が、通信費が安くなりそうです。

通信費の節約については、様々なブログサイトで語られています。

僕も、年内、もしくは年初にでもMVNOに乗り換えたいと、機を伺っている一人でもあります。機を伺っていると聞こえは良いですが、手続きが億劫で、中々行動に移せてないだけという噂もあります…。

次回にでも、僕の現在の携帯料金プランをMVNOに変更した場合の料金シミュレートを、当ブログにて報告してみようかと考えています。二番煎じ、三番煎じではありますが、こうご期待。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EZOLABブログへようこそ。
EZOLABは、札幌のソフトウェア会社です。

http://ezolab.co.jp