記事一覧

スマホ普及でPC使えない若者が増加



目次



今どきはパソコンを使えて当然?

ハロー、みなさん。エジソンです。

昨今、スマホが普及してPCが使えない若者が増加しているのだそうです。

参考
<企業悲鳴>スマホ普及でPC使えない若者が増加

スマホが普及すると… → PCが使えない若者が増加する

上記の2つには、果たして因果関係はあるのだろうか…という、純粋なクエスチョンを抱いてしまいます。情報学科卒ではない人材は今も昔も、PCを流暢に扱えていたのだろうかという疑問を感じずにはいられません。

スマホはたぶん悪くない

スマホが普及したから、PCが使えない若者が増加しているという論調はおかしなもので、そもそも、情報系の学科を卒業していない新卒社員は等しくPCが使えないものであるという、認識を企業サイドは持つべきだと思うのです。

スマホという高性能なミニ端末を所有しているが故に、若者に対するデジタルデバイスへの習熟度の期待値が過剰に高まっていると考えられます。そして、PCが使えないという低評価を受けてしまった事により、若者の株価が不当に下がってしまったのではないかと思うのです。

何らかの作業を実施する上で、その際に必要となるスキルセットも当然ながら決まるはずです。であるならば、企業サイドは事前に、新卒社員に、業務に必要なスキルセットを伝える事ができるはずです。また、入社後に社内で教育する事もできるはずです。

学生時代はPCの扱いに慣れるぐらいで良いと思う

そもそも、学生時代に培われた、僕はエクセル使えます、私はワード使えます、という自己申告のスキルというのは、企業の仕事をする上では不十分であることが多いのです。

この意見は決して若い人を馬鹿にしているものではありません。人というのは利害が発生しない場面で、真に生きるスキルを身につけるというのは難しい事です。利害というのは、お金を稼ぐ事、または名声を得る場面で発生する事が多いと思います。

学習というのは、一人きりの世界で完結してしまう事が多いため、学習に対する成果を測る事が難しいと言えます。一方、仕事で学んだ事というのは、複数の人間が評価を下す厳しい世界で得られたものであるため、当然、学習に対する吸収率も高いと言えるでしょう。

ですから、理想を言うと、学生時代はPCの電源の入れ方・切り方、OSを起動してからの操作方法、ブラインドタッチができるとか、そんな基本的な事を学んでいれば良いと思うのです。それらの人材を調理するのは、企業サイドのお仕事であると、僕は思うわけです。あくまでも理想ですが。

みんな昔は仕事ができなかった

案外、教えてる側というのは、自分が新卒時にミスした事や他の社員に迷惑をかけたといった出来事を棚に上げて、教育に当たってしまうものです。棚に上げてしまうというよりは、忘れてしまっていると言った方が正確かもしれません。

そんな時は、初心にかえって、謙虚な気持ちに立ち戻り、真摯に教育して行く事こそが、昔の自分を育ててくれた人や世間への恩返しになると思いますし、若者に対する根拠の乏しいレッテル貼りが減るのではないかと思います。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EZOLABブログへようこそ。
EZOLABは、札幌のソフトウェア会社です。

http://ezolab.co.jp