記事一覧

iPhoneからAndroidに移行する君へ - リマインダー編




目次



ユーティリティアプリ使ってますか?

ハロー、みなさん。エジソンです。

携帯電話のキャリアをMVNOに切り替えようと思っている僕ですが、そんな中、長らく使用していたiPhoneをAndroidに切り替えることを、視野に入れています。

そうなると、現在iPhoneで利用中のApple純正のユーテリティアプリが使えなくなることになってしまいます。

日々有効活用している身としては、これでは、困ったことになります…。

ちなみに、僕が主に利用しているのはこちらのアプリ。

  • カレンダー
  • メモ
  • リマインダー

Related Posts

iPhoneからAndroidに移行する君へ - メモ編



そこで、Apple純正アプリであるこれらを捨て去り、新たなアプリを探して拠り所とするため、代替アプリをリサーチしていきたいと考えています。

今回は、Appleのリマインダーアプリに代わる候補としてGoogle Keepを挙げ、両者の機能比較をしていきます。

Google Keepってそもそも何だろう?

Google Keepとは、メモを箇条書きにしてまとめたり、今後やるべき忘れたくない情報をリストとして管理できる機能を備えたアプリです。

「カレンダーアプリに予定を書き込んで行けば良いのでは?」と思われるかもしれませんが、厳密に予定されていないが随時実施していきたい作業をメモする用途として使うと便利かと思います。

以下は、Google Keepの画面キャプチャです。キャプチャの一枚目はメモの情報で、飲み会と結婚式の予定を登録してみました。二枚目の情報はリマインダーで、利用駅到着を登録してみました。利用駅到着は、GPSで利用駅付近を通りかかるとアラートしてくれるという設定にしています。

登録した情報には、画像を添付することができサムネイルとして一覧に表示されるため、視認性が高まります。

google_keep_cap0.png google_keep_cap2.png

Google KeepとAppleリマインダーアプリの機能比較

Google KeepとAppleリマインダーアプリの機能差はどのようになっているでしょうか。比較していきましょう。

機能 Google Keep Appleリマインダー
 クラウドデータ管理
 マルチプラットフォーム対応
Windows対応
Mac対応
Android対応
iOS対応
WEBアプリ対応 ◯(Google Chromeの拡張アプリも有る)
 アラート機能
時刻アラート
位置アラート

クラウドデータ管理とは、端末Aで記録した内容を他の端末(例えば端末B)で閲覧できるように、データがクラウド上に共有されるという事を意味しています。

両アプリともに、クラウド上にデータが保持されます。ただし、AppleのリマインダーはiCloudと連携させる設定を適用してはじめてクラウド上にデータが保持されるようになります。Google Keepは、Googleアカウント利用者を前提としているので、特に設定する事なくクラウド上にデータが保持されるようです。

Appleのリマインダーは、MacおよびiOSでのみネイティブアプリに対応しており、他のOSからはWebブラウザ経由でアクセスすることができます。Google Keepは、Androidでのみネイティブアプリに対応しています。他のOSからはWebブラウザ経由またはGoogle Chromeを利用している場合はChromeの拡張アプリをインストールすることができます。

そして、リマインダーアプリに必須な機能といえば、期限になったらアラートしてくれる機能と言えるでしょうか。両アプリともに時刻アラートと位置アラート機能を備えています

時刻アラートは指定日時にお知らせしてくれる機能で、位置アラートとはGPSを利用した機能でマップアプリで指し示したポイント付近に近づくとお知らせしてくれる機能のことです。

まとめ

Google Keepは、Appleのリマインダーアプリと遜色ない機能を備えていることがわかります。時刻アラートの設定や、位置アラートの設定も可能で、Appleのリマインダーアプリを使い倒していた人も安心してAndroidに移行できるのではないかと思います。

Google Play - Google Keep

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EZOLABブログへようこそ。
EZOLABは、札幌のソフトウェア会社です。

http://ezolab.co.jp