記事一覧

子どもたちが、ネット情報にますます騙されやすくなっている




目次



インターネット社会のメリットとデメリット

ハロー、みなさんエジソンです。

インターネットは便利ですよね。調べたい情報はすぐに調べる事ができるし、自分が伝えたい情報を発信する事もできます。精度の高低はあるものの、世界中の知の集合が寄り集まっていると言っても、過言ではありません。

今回は、そんなインターネットに関する記事です。

さて、インターネットには、メリットが存在すると同時にデメリットもあると考えるべきでしょう。便利さの裏には必ず失われるべきものがあるというのは、人の世の常です。

インターネットのメリット

インターネットに、いつでもどこでもアクセスできるようになったことにより、以前よりも生活が便利になったように感じます。僕が感じる便利だなという事を挙げるとしたら、以下のようになるでしょうか。

  • バス・地下鉄・電車、飛行機などの交通機関の時刻表を調べる事ができる。
  • ニュースサイトで、ニュースをチェックできる。
  • 興味のある情報を調べることができる。
  • 映画やTVなどの興味のあるコンテンツを閲覧する事ができる。

インターネットのデメリット

一方で、インターネットがより身近になることにより、精神面での幸福感が希薄になっているようにも感じてしまいます。社会全体が窮屈になってしまっているという感じでしょうか。

  • 暇さえあれば、スマホでネットにアクセスしてしまう。
    → スマホ中毒
     
  • TwitterなどのSNSで本人が意識せず短絡的・感情的な主張を発することで、大勢の人間から袋叩きにあうという事例がある。
    → インターネットリンチ
     
  • インターネットにアップされた情報は拡散され本人の意思で全てを抹消することはできなくなる。
    → 消せない経歴
     

以上のように、インターネットには良い面と悪い面が有るものです。今後、僕らが慎重に行動していかなければならない事は、僕ら自身のネットリテラシーを高めるという事と、子どもたちへの指導という、この2点に尽きるのではないでしょうか。

参考
ニコニコ大百科 - インターネットリテラシー

ネットに掲載されている情報は、本当に正しいのか?

新聞や雑誌、TVに掲載されている情報ってそもそも正しいと思いますか?

「正しい!」と断ずるのは非常に危険ですよね。情報社会の現代だからこそ、権威や実績のあるメディアが報じた情報であったとしても、全てを飲み込むのではなく、咀嚼して(時には吐き出したりして)飲み込むようにすべきです。

同じように、インターネットに掲載されている情報は、大抵、新聞や雑誌、TVで報じられた情報の焼き増しです。焼き増しの過程で歪められた情報で発信される事もあります。

また、メディアでなくても個人が気軽に情報を発信できてしまうのも、インターネットです。このような情報は、正しいこともありますが、正しくないこともあるでしょう。

このように、正しくないかもしれない情報に触れているかもしれない感覚は大事です。この感覚なしにインターネットに触れていると、知らない間に偏った情報に毒されてしまうこともあります。

ハフィントンポストにて、子どもたちがネット情報にますます騙されやすくなっているという記事を見つけました。

大人でさえも混乱してしまうような情報の渦に、何の予備知識もなく子どもが飛び込んでしまえば、「そりゃあ騙されるよなあ」と思ってしまいます。

ハフィントンポスト - 子どもたちが、ネット情報にますます騙されやすくなっている(調査結果)
イギリスでは初等教育の標準カリキュラムにプログラミング教育が含まれるなど、青少年に普遍的にデジタルスキルを身につけさせようとする政府の姿勢がこのところ目立つが、一方イギリスの通信業界を監督するお役所である情報通信庁(Office of Communications, Ofcom)の最新の調査は、それと並行して、情報過剰の現代においては、批判的な思考力をもった子どもたちを育てることが絶対的に必要だ、と示唆している。 …

まとめ

情報が正しいかどうかを中立に判断するには、最初は疑ってかかるという癖を身につけねばなりません。どんなに、権威や実績のある媒体(人、会社)から発信されたものであっても、盲目的に判断するのは危険です。

特に、インターネットに掲載されている情報は、虚実入り混じっていることが多いので、なお警戒すべきでしょう。便利なものにはトゲがある。みなさん、気をつけてください。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EZOLABブログへようこそ。
EZOLABは、札幌のソフトウェア会社です。

http://ezolab.co.jp