記事一覧

iPhone6s 搭載チップによってバッテリーに性能差がある件



目次


iPhone6sの当たりとハズレ?

ハロー、みなさん。エジソンです。

iPhone6sのA9チップには2種類あり、それぞれ、TSMC製とサムスン製があり、搭載されているこれらのチップによって、バッテリーの消費に違いが見られるということが、一部のユーザから報告されているようです。

どうやら、TSMC製の方がバッテリーの持ちが良いようです。Appleとしては、それぞれのチップで、2〜3%の違いがあると発表しており、且つこれを誤差の範囲内であるという事を、声明しているようです。

消費者が購入した iPhone に搭載されているチップが何であるかを購入前に知ることはできないため、購入後に調べてみたら、ハズレだったという報告がネット上で続出しています。ハズレを引いてしまった消費者にとっては、不公平感が拭えないようで、ユーザからの不満の声となって上がっているということですね。

一部のユーザって誰だ?!

何より僕がビックリしたのは、一部のユーザーの報告でこの問題が発覚したという事です。こういうのって、仕様表に搭載チップの種類などが書かれていないと思うので、実際に分解して、さらにベンチマークテストを実施したりすると思うんですが、これって凄い事ですよね。

ギークな人の才能と情熱というのは、凄いものがありますね。別の観点で感動しちゃいます。

初期ロットの怖さ

製品の出始めとか、ソフトウェアの最新バージョンの出始めとか、”出始め”というのは、何事もリスクがあるというのが、消費者の間でも肌感覚として定着しつつあるのかもしれません。

今時は、一人一人がスマートフォンという家電を所有する時代です。

iPhoneユーザ同士でよく会話になるのは、「iOSの最新アップデートの出始めは控えよう!」といったあるあるネタがあります。iOSの最新アップデートを適用したばっかりに、不具合に巻き込まれるということなんですが、一台の安くない家電(レベルのデバイス)を所有するからこそ、そういった経験値が老若男女問わず、各世代に蓄積されてきているのかもしれませんね。

そういった、ソフトウェアサービスや、製品の初期ロットというのは、”枯れていない”ので、何かと事件に巻き込まれがちです。

古きもの全てが正しいという事ではありませんが、新しいものというのは、何かしらリスクが含まれているという、人生の教訓にもなるニュースなのかもしれませんね。

参考
CNET - アップル、新「iPhone」の「A9」チップとバッテリ持続時間に関する指摘に反論
IT media - 第8回:初回ロットを買ってはいけない(前編)
TOUCH Lab - iPhone 6s・6s Plusの「Apple A9」がTSMC製かサムスン製かを調べる方法

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EZOLABブログへようこそ。
EZOLABは、札幌のソフトウェア会社です。

http://ezolab.co.jp