記事一覧

正しくググる

目次

 

正しくググるのは難しい

ハロー、みなさん。エジソンです。

情報というものは、事実である事が大事。事実ではない情報は虚構です。

自分の行動を決める指針となる情報が、事実ではなければ、正しい行動ができず失敗してしまう事もあるでしょう。

また、世の中には、それを知らずに正しくない情報を流布してしまう人も存在します。悪意を持って、正しくない情報を流布する人もいるでしょう。

それは、インターネット上でも同じ事で、むしろチェック機構が働かず性善説で成り立つインターネットの情報こそ、取り扱いに気をつけなければ、嘘を事実と誤認識してしまう可能性が高く危険です…。

ちなみに、先日は、ググる回数を極力減らして仕事の効率を高めてみよう!という記事を書きました。

Related Posts

ググらずのススメ



今回は、ググるにも正しい技術が必要だというお話です。


技術系の知識は鮮度が大事

プログラム言語は日々進化しています。

新しい構文や新しいライブラリ。一方では、とある関数が推奨されなくなったり、将来削除される予定のメソッドが増えるという事もあるのです。

例えば、PHPの4.X系と5.X系では、書き方が大きく異なります。今現在のPHPの最新バージョンは7.X系になっており、書き方も大幅に進化しています。

PHPというキーワードで単に検索すると、古い情報がヒットしたりする事もあるわけで、自分が利用するバージョンに応じて情報の取捨選択が必要になるわけです。

まず、抑えておきたいのは、

プログラム言語の公式サイトのリファレンスをブックマークしておく事です。

一にも二にも、公式サイトの情報が間違いなく正確な情報なのです。

公式サイトでは物足りず、サンプルコードや、より実践的なコードを欲している場合は、情報を提供しているサイトの日付を確認する癖を付けましょう。

日付を確認することで、情報の鮮度が分かります。情報があまりにも古い場合には要注意です。他のサイトと見比べて、クロスチェックすると良いでしょう。


グーグルの検索オプションを活用する

グーグルには検索オプションなるものがあり、これを活用しない手はないでしょう。
この解説は他のサイトに任せる事にしましょう。

偉そうに紹介しましたが、僕も知らない事が書いてありました。必見です!


おっと…!情報提供しているサイトの日付は確認するよう、注意しましょうね!


実際にやってみる!

検索するキーワードは、以下の3つのワードにしましょう。

  • EZOLAB
  • 札幌
  • ソフトウェア

→ まずは3つのワードで検索 … 40,700件
→ 完全一致で検索 … なんと一致するものが無い
→ ANDで検索 … 246件
→ ORで検索 … 144,444,000件

ちなみに、完全一致とは…、「ダブルクォーテーション内のキーワードを順番どおりに含むページだけが表示」だそうです。条件が厳し目なので、一致するものがないのでしょうか。

また、3つのワードでの検索と、AND検索の数が違うのは何だか腑に落ちないですね。
ANDの方が、より厳格で精度が良いのでしょうか?
とは言え、ANDを使って検索する猛者はそうそういない気がします。

他にも色々あるみたいですね。使わないと覚えないので、色々と使ってみると良いかもしれませんね。

お試しあれ!
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

EZOLABブログへようこそ。
EZOLABは、札幌のソフトウェア会社です。

http://ezolab.co.jp

ezolab